エクアドル ラ・チョロラ農園#17 タサ・ドラーダ2021 White Edition vol:19

生産国:エクアドル(Ecuador)
農園名:ラ・チョロラ(La Chorora)
生産者:オリンカ・べレス(Olinka Velez)
生産地域:ロハ県ソソランガ(Sozoranga,Loja)
生産処理方法:ナチュラル(Natural)
品種:ティピカ(Typica)
標高:1400m
焙煎度合:浅煎り
White Edition:
当店が特別にセレクトした、希少価値の高い品種や、生産処理を施した高品質なコーヒー豆を年に数種ご紹介していきます。

Tasting Notes:
チェリーを思わせる果実感と、グアバの様な穏やかな酸の味わいが広がります。
フレーバーの密度がありながらも、透明感があり、フローラルなアロマが鼻に抜けていく心地よさが特徴。
また、クリーミーな質感とレッドワインの様な果実味溢れる余韻が続きます。

Taza Doradaとは:
タサ・ドラーダは、全エクアドル輸出業者協会(ANECAFÉ)主催のもと開催されるエクアドルの品評会です。この品評会では、エクアドルのコーヒー生産者と国際マーケットをつなぐ機会をつくり、バラエティに富んだ品種や精製方法を紹介し、農園から消費者までのトレーサビリティを保証するという役割が果たされています。
2007年に開始されて以降エクアドルのスペシャルティコーヒーを世界に発信する機会となっており、2020年には初めてのオンラインでの開催となりました。

農園詳細:
ラ・チョロラ農園は、2010年にオリンカさんが買い取りました。ウトゥアナ・フォレストとアナ公園の隣にあり、ススコ自然保護区まで2kmの場所にあります。この農園は、マカラ川(エクアドル - ペルー)の源流である3つの水が流れる2つの渓谷に囲まれています。
現在、18,000本のコーヒーの木を栽培しています。

200g ¥2700
200g x 2bags ¥4860(1個あたり¥2430)
ITEM CODE:
BN-ecuador-lachorora
¥2,700~¥4,860(税込)