ケニア マイワル / マアキオウ・エステイト

Tasting Notes:
フローラル、レモン、オレンジ、蜂蜜の風味、ジューシーな酸味、爽やかで甘い余韻が広がります。

農園情報:
Maakiou estate農園はキアンブ南部、ナイロビとの境に位置します。この農園は植民地時代にギリシャ人によって設立され、現在では約180,000本のコーヒーの樹が栽培されています。 赤茶の火山性土壌で作られるコーヒーチェリーはWet millによって処理工程が施されています。 また、定期的に農業技師が農園を訪れ、サスティナブルなコーヒー作りを目指し指導や管理を行っています。

農園周辺は赤茶の肥沃な火山性土壌に覆われており、水分量と栄養分の保持能力に非常に長けています。 肥料は自社の酪農場から集められたオーガニックなものを使用し常時補充しています。オーガニック肥料 からの養分は高品質でクリーンなコーヒー作りにおいて非常に重要な支えとなるものです。適切な肥料を 使うことで、おいしいコーヒーを持続的に作ることを目標としています。
年間平均降水量は800-1,200mmとやや少なめですが、土壌の性質と周辺にある河川の影響でコーヒー栽培に問題はありません。5月~7月の雨季には非常に気温が下がることもあります。しかし、それによってコーヒーはゆっくりと成熟され、その結果豊かなフレーバーを持ったケニアコーヒーが作られるのです。

焙煎度合:
中煎り

200g ¥1800(税抜き)
200g x 2bags ¥3200(税抜き) 1個あたり¥1600(税抜き)
生産国:ケニア(Kenya)
生産地域:キアンブ(Kiambu County)
農園名:マアキオウ・エステイト
品種:SL28,Ruiru11,Batian
生産処理方法:フリーウォッシュド(Fully Washed)
標高:1950m
ITEM CODE:
BN-kenya-maywal
¥1,944~¥3,456(税込)